justthewayyouare

登記の仕事

司法書士の先生方の仕事の中でも、特に私たちと関わりが深いものは、「登記」に関するお仕事です。私たちが会社を作ったり、不動産の持ち主をハッキリさせたりするのに、登記は欠かせない手続きなのです。

MORE

本

裁判に関する仕事

裁判、そこに私たちが関わらなければならなくなった時に困るのが、手続きのための膨大な提出書類。それらを書く専門的な技術と知識を持った司法書士の先生に依頼すると、スムーズに用意することができます。

MORE

女性

成年後見

成年後見、それは法律的に弱い立場に置かれた人のために、その後見役をつとめようという司法書士の先生方の仕事。法的な知識をもとに、さまざまな契約や法的な手続きのお手伝いをしてくれるという仕事です。

MORE

成長

街の法律屋さん

実績が500建以上なので安心して依頼できる新宿の税理士はこちらです。会社設立や顧問契約を検討している方は見てみましょう。

司法書士を東京で利用するならこちらにお任せください!豊富な知識と確かな実力を持って、依頼者のサポートをします。依頼はお気軽にどうぞ。

士業の先生

司法書士。その名称にピンと来ないという人がいても、まあ無理はありません。なぜなら、司法書士の先生方のお世話になる機会を持たないまま天寿をまっとうするという人生も、あるからです。
もちろんその名前についてはいろいろな機会にチラチラ耳にする機会はあるかもしれませんが、たとえばテレビドラマや映画でよく登場する「弁護士」とか、個人事業主の人にはおなじみの「税理士」とか、そういった先生方とはちょっぴり毛色の違う仕事をしていらっしゃるのが司法書士の先生方なのです。
立場的には、司法書士も弁護士や税理士、公認会計士や社労士、行政書士……その他、あらゆるお尻に「士」のつく士業と、変わるものではありません。
彼らは、どのような仕事をしているのでしょうか?

身近な法律家

上の段には、司法書士に関わらない人生がある、ということを書きましたが、逆のこともまた言えます。
というのも、司法書士の先生方とお付き合いする、そのお付き合いが長く続くという人生もまたあるからです。
たとえば、彼らの仕事の代表的なものに「登記」という仕事があります。これは読んで字のごとく「登録して記す」という意味で、私たちが会社を設立したり、不動産を手に入れたりしたときに必要になるものです。
「よーし、独立して会社を興すぞ!」と決意したとき、私たちは彼らのお世話になり、会社設立をサポートしてもらうのです。
その他にも、司法書士はいわゆる「少額訴訟」というような裁判にも登場します。
社会的な大事件として取り上げられるようなものではなく、言葉はわるいですがちょっとしたイザコザが裁判に発展したという場合には、専門的な知識を持たない私たちの代わりに、彼らが手続きなどのことを引き受けてくれるのです。
このように、司法書士の先生たちの仕事は「身近な法律家」というべきものなのです。

不動産を購入したときの手続きのことなら。司法書士は埼玉にいます。困ったことがあっても安心して任せることができますよ。

着手金は0円です!京都で過払い金を取り戻すならプロに相談しませんか?最適な方法で解決してくれるので満足できます。

Copyright(c) 2015 頼れる街の法律屋さん、司法書士の仕事について. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com